マウスジェスチャーMouseGetureL.ahk追加編

実際にジェスチャーを登録・設定をしてみましょう。「MouseGestureL.ahk」へのジェスチャー登録方法

下手なイラストになりますが
マウスの右ボタンを押しながらマウスを
← →に動かすと、ブラウザの新規タブを開くように設定します。

くの字のようにしても反応します








マウスジェスチャーの設定編集ウィンドウを出します。
まずは登録するための「設定編集ウィンドウ」を表示させましょう。


タスクバーのアイコンを右クリックしてジェスチャー設定をクリックしてください。












マウスジェスチャーの「入れ物」を作って名前をつける

ではお次に、新しいマウスジェスチャーの「入れ物(これから作る設定を入れる場所)」を作りましょう。




タブを変更

設定編集ウィンドウが開いたら、まずはタブを変更します。

ジャスチャーのタブに移動します。


+ボタンを押して入れ物を追加します
ジェスチャーの名前をつけます。
ジェスチャーの動きを登録します。
トリガー(引き金)、かんたんに言うとジャスチャーのきっかけを決める合図のボタン設定になります。
スタートを決めると考えておいてください。

 先ほど作ったのを選択します。
「トリガ操作」のところで「右ボタン押し下げ」をダブルクリック します。

実際のマウスジェスチャーの動きをと登録してみましょう
矢印のボタンを登録したいジェスチャーの順に
クリック(ここではの順にクリック)します。
 ボタンをどれか一つ放す追加ボタンを押します。



ここで重要なのは、最後に追加ボタンを押すことです。これを忘れがちなので、絶対に忘れないで下さい!








登録されたマウスジェスチャー
登録したマウスジェスチャーは画像のよう表示されます。









これでジャスチャー(空打ち)が完成しました。
このジャスチャーに役目を与えましょう。
上の手順で「新規タブを開く」ためのマウスの動作を登録しました。
「どんな役目をさせるか」の部分になりますが最初から答えを書いてあります”新規タブpを開く”というの与えてやります。
まずタブをメインに変更します。







ブラウザを選び、追加から←→を指定します。






キーボードのショートカットをジェスチャーで動かすというのを当てはめます。

カテゴリから入力エミュレーションを選び
追加をクリックします。


新規タブを開くショートカットは”Ctrl+T”をキーボードで押しOKを押す。

そうするとアクションに書かれます。更新をクリックすると
動作が当てはまりました!

”キーの操作を発声させる”を”新規タブを開く”と書き換えて更新ボタン

最後にOKボタンを押すと完成です。
まとめです。

まとめにすると案外かんたんな感じにさくっとしてる。
便利なので覚えておいて損はないと思います。
画像をいちいちとって書いてるので時間がかかりました。わからないことがあればツイッターで聞いてください。

0 件のコメント :

コメントを投稿

このブログを検索